サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

熊本県でNTTドコモ装うフィッシング詐欺、同様の犯罪が急増中

  • LINEで送る

フィッシング対策協議会は2019年9月20日、大手通信会社NTTドコモを装ったフィッシングメールによる被害が、熊本県内で急増していると報じました。

情報によると、犯人はNTTドコモを装い「お客様のアカウントに異常ログインの可能性がある」「利用料金が高額になっている」などのメールを携帯電話端末に向けて送付。正規サイトによる注意喚起に見せかけ偽サイトへ誘導して、個人情報やIDなどを盗み取っているとのことです。

同様の犯罪で580万円の被害が

熊本県サイバー犯罪対策課によると、同様の被害は2019年4月頃から増え始め、2019年8月までに合計80件・580万円ほどの被害が生じています。

情報によると、犯人は盗み取った個人情報を利用して、キャリア決済によるギフト券購入などをしているとのこと。さらに盗み取った個人情報を別のサービスのログイン試行に用いる、リスト型攻撃などへの悪用も懸念されています。

参照ドコモ装う詐欺急増 熊本県内で被害 80 件、580 万円/フィッシング対策協議会

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。