長崎県警がフィッシング詐欺の中国人容疑者を逮捕、県内初の逮捕事例か

長崎県警サイバー犯罪対策課は2019年9月11日、詐欺的なメールを送付しターゲットから個人情報などを不正入手する「フィッシング詐欺」の犯人として、29才の中国人を逮捕したと明らかにしました。

同課によると逮捕された中国人は2019年4月1日~16日にかけて、佐世保市内の40代の女性にドコモを騙ったフィッシング詐欺メールを送付して個人情報を入手。これによりドコモの提供するサービス「dアカウント」に不正アクセスを実施し、高額スマートフォンを不正購入した疑いが持たれています。

県内初の逮捕事例

長崎県警によると、今回の逮捕は県内初のフィッシング詐欺による逮捕事例です。

女性から相談を受けた県警は、犯人が偽の免許証で商品を受領した郵便局の監視カメラなどを捜索。これにより容疑者を利だし、逮捕に至ったとしています。ただし、逮捕された中国人男性は容疑を一部否認しているとのことです。

参照フィッシング詐欺 容疑で中国人を逮捕 長崎県警、初の摘発/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?