決済サービス「PayPay」が不正利用被害を全額補償する制度導入

画像:PayPayより

スマートフォン決済サービスの「PayPay」は2019年8月28日、利用規約にユーザーが不正アクセス被害に補償する規約を盛り込みました。

内容はユーザーが決済やチャージ、送金などPaypayが提供するサービスを利用し、不正利用被害を受けた場合、原則として同社が被害額をカバーすると明記。また「PayPay」アカウントを持たないひとが不正利用などで「PayPay」に関係する被害を受けた場合も、原則補償するなどの規約です。

徹底した利用者保護

今回のPayPayの利用規約変更からは、徹底したユーザー保護が読み取れます。背景には不正利用を警戒するユーザーへの信頼感獲得の意図があるものと見られます。また、不正利用によりサービス終了に追い込まれた「7pay」や、キャッシュレス決済の利用者保護に目を光らせる行政なども、影響しているも考えられます。

近年は一般ユーザーレベルでも、不正アクセスへの警戒感が高まっています。セキュリティ体制やインシデント発生時の対応は、企業サービスとして求められる課題です。

参照PayPay、不正利用に対する全額補償制度を導入/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?