みずほ銀行の海外連結子会社が不正アクセス被害、一部個人情報が流出

画像:みずほ銀行より

株式会社みずほ銀行は2019年8月15日、同行の海外連結子会社のユーリカヘッジのウェブサイト管理システムが何者かの不正アクセスを受け、一部個人情報が流出した可能性があると明らかにしました。

ユーリカヘッジは法人顧客宛ヘッジファンド調査・情報提供を行う会社。

同行は攻撃を2019年8月8日に認識し、調査を開始。受けた管理システムの管理者画面を通じてアクセス可能と想定される情報は最大約12万件ほどで、現時点では数十件程度の顧客情報の流出が判明したとのこと。

ただし、情報は氏名やメールアドレスなどに留まり、顧客の口座番号や暗証番号などの決済情報および信用情報などを含むものではないとのことです。

流出情報の内訳は?

みずほ銀行によると、流出情報の内訳は下記の通りです。

顧客情報

  • ご利用者氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 国名

ユーリカヘッジの商品の関心傾向などのデータ(有料サービスを契約者(約 500 社)のみ)

  • 会社名
  • 肩書き
  • ユーリカヘッジとのサービス契約内容(サービス契約期限・サービス利用料)

不正アクセスの原因などは、現在調査中。再発防止策は調査結果に基づき実施する方針です。

参照海外連結子会社ユーリカヘッジのシステムに対する不正アクセスの公表に関するお知らせ/みずほ銀行

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?