個人情報1,000件記録したパソコン紛失、パスワードロック未設定|鏡野町観光協会

画像:鏡野町観光協会より

鏡野町観光協会はこのほど、町内イベントの応募者1,000名の氏名や住所・電話番号などを記録したパソコン2台とデジタルカメラ1台を紛失したと明らかにしました。

情報によると2019年6月29日、職員が倉庫から端末を取り出そうとしたところ、なくなっている状態を確認。倉庫は普段から施錠されており、荒らされた形跡などもないとのこと。協会は警察に被害届を提出し、対応を進めています。

パスワード未設定の端末も

鏡野町観光協会が明かしたところによると、端末のうち1台にはパスワードロックが設定されておらず、誰であろうと容易に確認できる状態とのこと。ただし記事発表時点で外部流出などは確認されていないとしています。

また、紛失した端末に含まれていた情報の内訳は下記の通り。協会は今後、影響を受けた人物らに個別に謝罪を進めるとしています。

参照PC紛失で個人情報流出か/NHK NEWS

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?