7payアカウントが不正アクセス被害!約900件、5580万円の不正チャージ発生

画像:7payより

株式会社セブンアンドアイホールディングスは2019年7月3日、同社が提供するバーコード決済サービス「7pay」の顧客アカウントが、何者かの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

同社は事案に関して2019年7月4日に記者会見を開き、現時点で約900名、5580万円の被害が確認されていると発表。さらに同社は「7pay」にまつわるクレジットカードおよびデビットカードでの中止を決定。今後は被害規模や原因等を調査するとの姿勢を明らかにしました。

サービスリリース直後から被害の声が相次ぐ

7payユーザーからは既に「身に覚えのない商品履歴が表示された」、「勝手に残高をチャージされた」など複数の被害を訴える声があがっています。

これに対して、セブンアンドアイ側は不正アクセス被害を受けやすいケースとして、

  • 7payアカウントのIDやパスワードに、容易に推測できるもの(他サービスの使いまわしなど)を使用している
  • 7payにカードを登録した際に設定する認証パスワードを、アカウントと同じものにしている

上記のようなケースを指摘。更に24時間対応の相談窓口を設け、実際に被害が発生したユーザーへの対応を進めている状況です。

参照7pay に関する重要なお知らせ/株式会社セブンアンドアイホールディングス
参照一部アカウントへの不正アクセス発生による チャージ機能の一時停止について/7pay

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?