医師が患者情報366件を外部に持ち出し紛失|福知山市

画像:福知山の市立病院で個人情報紛失/より

京都府福知山市はこのほど、市内の市立病院に勤務する医師が患者のイニシャルや病名など366件の情報を記録したUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

市によると同医師は2019年6月10日、自身の研究のために患者情報を私物のUSBに記録し自宅に持ち帰ったところ、翌日には紛失。病院は個人情報の持ち出しを禁止する規定を定めていましたが、この医師は持ち出した情報について「個人情報にあたる」との認識がなかったしています。

二次被害などは確認されず

福知山市によると、紛失したUSBメモリの悪用など、二次被害は確認されていません。USBを紛失した市立病院は、今回の紛失により影響を受けた患者らに対して、文章での謝罪の方針を決めています。

参照福知山の市立病院で個人情報紛失/京都新聞 NEWS WEB

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?