消防団メールアカウントが不正アクセス、なりすましメール約2,300件送信か

画像:高岡市消防団のメールアドレスの不正利用について(お詫び)/高岡市より

高岡市は2019年5月29日、市内の消防団のメールアカウントが不正アクセスを受け、約2,300件のなりすましメールを送付したと明らかにしました。

市によると、インシデントは2019年5月28日の午後11時ごろ~2019年5月19日の午前0時ごろにかけて発生。メール本文には不明な転送先のURLが添付されており、受信者らに注意を呼び掛けている状況です。

メールアカウントを停止

高岡市消防団はインシデント発覚後、即座にメールアカウントの停止措置を取りました。また消防団はメールアカウントの乗っ取りに関して、「情報漏洩はない」との見方を示しています。ただし具体的な攻撃の手口や、アカウント本文や連絡先などの情報については、現在調査中とのことです。

参照高岡市消防団のメールアドレスの不正利用について(お詫び)/高岡市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?