誤送信で氏名やメールアドレスが流出|総務省・沖縄総合通信事務所

画像:メールの誤送信について/総務省より

総務省・沖縄総合通信事務所は2019年5月27日、地方公共団体に所属する人物の氏名やメールアドレスを添付したファイルを、誤って本来の送信先とは別の宛先に送付したと明らかにしました。

同事務所によると、誤送信は2019年4月22日に発生。添付ファイルには、地方公共団体に所属する担当者の氏名42件及び、メールアドレス29件が記載されていたとのことです。

送付先に削除要請

誤送信発生時に求められる基本的な対応は、

  • 影響を受けた(可能性のある)人物らへの説明
  • 送付先への通達と、流出情報の削除

です。発生の理由や経緯によっては、再発防止に繋がる具体的な施策も求められます。

同事務所はインシデント発覚後、流出した個人らに謝罪を実施し、送付先には個人情報の削除を要請。再発防止に向け、情報管理を徹底するとしています。

参照メールの誤送信について/総務省

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?