不正アクセス被害の続報を発表、77万件の顧客情報が流出|アンとケイト

画像:不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社マーケティングアプリケーションズより

アンケートリサーチサービス「アンとケイト」などで知られる株式会社マーケティングアプリケーションズは2019年5月24日、同社が受けた不正アクセスによる、続報を発表しました。

これによると、攻撃者は一部サーバーの設定上の不備を利用し、不正アクセス。「アンとケイト」の登録アカウント77万74件が流出したと明らかにしています。

インシデントの経緯は?

マーケティングアプリケーションズ社によると、第三者による不正アクセスを検知し調査を進めたところ、2019年5月22日にアカウント情報の流出を確認。

同社は「アンとケイト」に関する全サービスを停止し、外部アクセスを遮断し対応を取っていましたが、その後2019年5月24日、流出アカウントのパスワードの無効化し利用者による再設定を可能にした上で、サービスの復旧を発表しています。

同社は今後、サイバー攻撃への対策として、有識者を交え再発防止策に取り組む考えです。

流出情報は?

マーケティングアプリケーションズ社によると、今回のインシデントで流出が懸念される情報は、下記の通りです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 未既婚
  • 子供の有無
  • 個人年収
  • 世帯年収
  • 職業
  • 勤務先業種
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 市区町村以降の住所
  • 電話番号
  • 銀行口座の支店番号
  • 口座番号
  • 口座名義
  • Pex ポイント口座番号
  • ドットマネー口座番号 等

(一部任意入力、選択形式の入力のみの情報アリ)

参照不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社マーケティングアプリケーションズ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?