佐賀県は2019年4月27日、産業人事課所属の職員が県内企業らに向けて合同説明会に関するメールを送付する際に、誤送信を起こしたと明らかにしました。

佐賀県によると、メール本文には各社のアドレスが記載されており、合計32社・35件のメールアドレスが外部に流出。県は電話での謝罪と削除要請を進めています。

メール本文にアドレスを貼り付け

佐賀県によると誤送信は2019年4月26日に発生。職員は案内メール作成時に、送付先のアドレスを確認しようとメール本文に参加企業らのアドレスを貼り付け、メールを保存しようと処理を進めたところ、操作を誤り本文にアドレスが記載された状態で、外部に送付したとのことです。

なお流出は、職員自身が報告し、発覚。再発防止に向け、個人情報の取り扱いについて、注意喚起すると説明しています。

参照佐賀県産業人材課、企業メールアドレスを他社に誤送信/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?