フィッシング対策協議会は2019年4月15日、SMSを使ったサイバー攻撃「スミッシング」に対して注意喚起を呼び掛けました。

セキュリティ企業などの情報によると、スミッシングは国内での被害事例が急上昇。今後さらに増加するものと思われる、新たな形のサイバー攻撃です。

スミッシングとは?

スミッシングとは、携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を活用したサイバー攻撃です。

攻撃者は宅配業者や携帯電話事業者を装い、SMSを送信。「あなたの端末にセキュリティリスクが内在している」などと不安を煽り、情報窃取を目的とした偽アプリや偽サイトへと誘導する手口というものです。

スミッシング詐欺は、従来のフィッシング詐欺と同様に模倣度が高く、本物と見紛うばかりのSMSも確認されています。

参照偽 SMS で個人情報狙う 「スミッシング」 が激化 携帯事業者装い新手口も/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?