健診データ700件を含んだUSBメモリ紛失|うつのみや病院

画像:個人情報が保存された USB メモリー紛失に関するお詫び/うつのみや病院より

栃木県宇都宮市に位置する、うつのみや病院は2019年3月29日、看護研修のために収集した700名の検診データが含まれたUSBを紛失したと明らかにしました。

記録されていたのは2012年~2013年の全国健康保険協会の特定健康診断受信者らのデータ。病院側は2019年2月25日~2019年2月27日にUSBを紛失したとみて捜索を進めたものの、発見には至らず。警察に遺失物届を提出したと説明しています。

セキュリティ強化と運用管理の徹底を発表

病院は今回の紛失について、謝罪を表明しています。

あわせて再発防止策として、

  • セキュリティ機能付きのUSBを使用する
  • 原則として、個人情報は持ち出さない
  • 持ち出しが必要な時は、USBにパスワードを設定する

上記のような対策を取ると明らかにしました。

参照個人情報が保存された USB メモリー紛失に関するお詫び/うつのみや病院

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?