画像:システム不具合による個人情報漏洩のお詫びとご報告/J-sportsより

スポーツ総合サイトの「J SPORTS」は2019年3月27日、サイトシステムのキャッシュ処理に不具合が生じ、顧客アカウントにトラブルが発生したと明らかにしました。

障害は2019年3月27日の午前5時ごろ~2019年3月28日の正午にかけて発生。期間中、ログインしたユーザーとは別人の情報が表示されたり、実行した購入処理が別のアカウントの行為として処理されるなどの影響が生じたとのことです。

カード情報なども一部流出

J SPORTS側は今回のインシデントについて、「発生した障害の特性上、正確な件数を特定するのは困難」とし、正確な被害規模を割り出せないでいます。

ただし不具合が発生した期間中に、合計2,425件のログインと、125件の購入処理・112件の解約が実施されたと発表。このうち一部に影響が生じたものと思われます。

特に個人情報の流出については深刻で、氏名や視聴履歴・購入商品に加えて、クレジットカード下4桁と有効期限も誤表示されていたとのこと。現時点で二次被害は確認されていませんが、今後の動向に注目が集まっています。

参照システム不具合による個人情報漏洩のお詫びとご報告/J-sports

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?