画像:大阪府警より

大阪府警のサイバー犯罪対策課はは2019年3月25日、不正コピーされたソフトウェアをネットオークションなどで転売した疑いで、大阪市八尾市に住むアルバイトの男性を逮捕したと明らかにしました。

府警によると、男性は製図ソフト「CAD」を不正コピー。正規の数%の価格で約300点ほど販売し、被害総額は約10億円相当になると見られています。

正規ソフトの数%で販売、海外サイトで調達か

逮捕された男性は犯行の動機として、「金を稼ぎたかった」と供述。金銭目的の犯行と明かしています。

通常、CADの使用前にライセンス認証が必要なため、不正コピーしても使えません。しかし男性は海外から認証をかわすための不正プログラムを購入しており、同梱していたとのこと。計画的に動いていたものと見られます。

参照製図ソフト違法コピー販売か逮捕/NHK NEWS

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?