愛知県警は2019年3月8日、サイバー攻撃に向けた対策などを教示するセミナーを開催しました。

セミナーは県内の法人向けに開かれ、情報通信企業や電力会社などが参加。企業や組織が保有する情報を守るための方策や、発生したサイバー攻撃への対処法について議論したとのことです。

サイバー攻撃の検挙数は過去最大を記録

警察庁が2019年3月に明らかにしたところによると、2018年に発生したサイバー犯罪に対する検挙数は、合計9,040件と過去最大を記録。更にビジネスメール詐欺や標的型攻撃など、企業にとってリスクの高いサイバー攻撃も活発化の動きを見せており、各方面で警戒が叫ばれている状況です。

特に最近はセキュリティレベルの高い大企業を狙うより、下請け企業や子会社など関係企業を足掛かりにサイバー攻撃を仕掛ける「サプライチェーン型攻撃」がトレンドを迎えています。安易に大丈夫だろうと決めつけず、情報セキュリティを改めて意識する姿勢が求められているのかもしれません。

参照国際イベントに備え、愛知県警がサイバー攻撃対策セミナー/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?