患者情報25件が含まれたタブレットを紛失、国立精神・神経医療研究センター

画像:個人情報を含むタブレット端末紛失のお詫び/国立研究開発法人・国立精神・神経医療研究センターより

国立研究開発法人・国立精神・神経医療研究センターは2018年3月6日、所属職員1名が患者情報25件を含んだタブレット型端末を紛失したと明らかにしました。

同研究センターによると職員は2018年3月2日、都内で開催された研修会に講師として参加。会食・飲酒を経て帰宅する途中、端末を電車に置き忘れたと説明しています。

25名の画像データに影響が発生

センターは紛失発覚後、駅や警察に届けを出し捜索を進めましたが、記事発表時点で発見には至らず。2018年3月4日には、端末内の情報を消去するため、コマンド送信を実施し対処したと説明しています。

なお、紛失したタブレット端末に記録されていた合計25件の患者情報のうち、22件は顔周辺の画像が記録されていたとのこと。氏名や住所など、連絡先に繋がる情報は記録されていないとしています。

参照個人情報を含むタブレット端末紛失のお詫び/国立研究開発法人・国立精神・神経医療研究センターより

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?