画像:当社従業員の逮捕について/富士精工より

富士精工株式会社は2019年2月27日、同社の製造関係の営業機密データを私的に転送した疑いで、同社従業員が不正競争防止法違反の疑いで逮捕されたと発表しました。

情報によると、逮捕されたのは中国籍の従業員。容疑者は当局の調べに対して、「自分の勉強のためにやった」などと供述しているとのことです。

外部流出の可能性も

逮捕に関わった愛知県警によると、容疑者は2019年1月29日、富士精工のサーバーに不正アクセスを実行。サーバー内から製品の設計情報やマニュアルなどを自身のUSBメモリーに転送していた疑いがあるとしています。

愛知県警は同容疑者が持ち出したデータを外部に流出させた可能性もあるとみており、今後は更に捜査を進める考え。富士精工側は捜査の関係上、詳細を明らかにすることはできないとしています。

参照当社従業員の逮捕について/富士精工

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?