不正アクセスで会員の個人情報2,035件流出、外部からの指摘で発覚|貸金業協会

画像:外部からの不正アクセスによる協会員さまの情報の流出について(お詫び)/日本貸金業協会より

日本貸金業協会は2019年2月22日までに、協会員専用サイトが外部からの不正アクセス攻撃を受け、協会員の情報が流出したと明らかにしました。

流出した情報は、登録法人の担当管理者のメールアドレスやパスワードなど。貸金業協会は攻撃の手口を明らかにしていませんが、既に対策済みと説明しています。

複数回にわたる攻撃

不正アクセスは2018年1月から、複数回にわたって実施されました。

協会は外部のセキュリティ企業に指摘されるまで被害を把握しておらず、その間に情報流出も発生。事態に気付いた協会が調査を進めたところ、2018年1月7日~2018年2月20日の間に登録していた会員情報969件に加えて、2018年9月22日時点での登録会員情報1,066件も流出したとしています。

時期 流出した情報 被害件数
2018年1月7日~2018年2月20日 メールアドレス・パスワード 969件
2018年9月22日 メールアドレス・パスワード・管理者の氏名 1,066件

参照外部からの不正アクセスによる協会員さまの情報の流出について(お詫び)/日本貸金業協会より

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?