画像:オーストラリア議会より

オーストラリア議会は2019年2月11日、議会が運用するコンピューターネットワークが、何者かのサイバー攻撃を受けたと発表しました。

議会は攻撃者の意図や目的について明らかにしていませんが、現地メディアは中国やロシアの関与を捜査していると報道しています。

オーストラリア議会が声明

オーストラリア議会は今回のインシデントについて、議会ネットワークへのサイバー攻撃を認めつつ、適切な対策が取られていると声明を発表しました。

また情報流出の有無については、「現在のところ流出の痕跡はない」と言及。ただしサイバー攻撃による被害は、後になって明らかになるケースも多く、進展が待たれる状況です。

参照豪議会のコンピューターに不正アクセス、中国などの関与捜査/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?