画像:お客様各位/サンドラッグより

ドラッグストアチェーン店のサンドラッグ株式会社は2018年11月30日、何者かが外部で不正入手したメールアドレスを使用し、同社ECサイトの仮登録フォームに悪用したと明らかにしました。

サンドラッグによると、攻撃者は機械的な手法で短時間に大量のアクセスを行い、多くの送信先に同店からの仮登録案内メールが届くよう手配したとのことです。

大量アクセスの防止手段を取る

サンドラッグはインシデント発生を受け、原因の究明に向けて調査を実施。その過程でトラブルの原因が第三者の大量アクセスにあることや、外部サイトから不正に入手したものである可能性が浮上したとしています。

同社は調査の結果を踏まえ、被害の拡大を抑止する目的で新規会員登録機能を一時閉鎖し、一部顧客のアカウントのロックを決定。画像認証システムを導入し機械的な入力を抑止するなど、再発防止策も取り入れています。

サービス再開を決定

サンドラッグは2018年12月6日に、新規登録サービスを再開を発表しました。一連の対策により安全確認が取れたとのこと。

また同社は被害を受けたユーザーに向けて、不正利用の観点からパスワードやメールアドレスの変更を検討する呼び掛け、対応を進めています。

参照お客様各位/サンドラッグ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?