画像:お客さま情報を含むノートパソコンの盗難に関するお知らせとお詫び/株式会社キャプラスネットより

人材コンサルティングなどを手掛ける株式会社キャプラスネットは2018年10月16日、個人情報が含まれたノートパソコンが盗難されたことを明らかにしました。

同社によると、盗難されたノートパソコンにセキュリティ設定が施されており漏洩の事実は確認されていないものの、情報漏えいを完全に否定はできないとのこと。同社は関係者に謝罪を表明するとともに、警察に相談を行い捜索を続ける考えです。

事案の経緯は?

キャプラスネットによると、2018年10月11日に業務用ノートパソコン1台が含まれたかばんを盗難されたとのこと。同社は盗難に気付いた時点で警察署に盗難届を提出したものの、記事発表時点で発見には至ってないと説明しています。

ただし前述の通り、ノートパソコンにはセキュリティ設定が行われており、現在も第三者への漏洩や不正利用は確認されていない状況です。

含まれていた情報は?

キャプラスネットは被害を受けていたノートパソコンの内部には、同社の顧客情報だけでなく、顧客企業の従業員データも含まれていました。

記録されていた顧客情報

  • 会社名
  • 担当者名
  • 所在地
  • 電話番号
  • 役職
  • メールアドレス
  • 顧客企業の従業員データ 等

なお件数など、流出可能性のある情報の全容は明らかにされていません。しかし同社は今後も記録されていた情報の把握に努めるとしています。

参照お客さま情報を含むノートパソコンの盗難に関するお知らせとお詫び/株式会社キャプラスネット

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?