画像:メジカルビュー社より

医学書などを取り扱うメジカルビュー社は2018年10月12日、同社ウェブサイトが外部から不正アクセスを受けたことを明らかにしました。

これによると、不正アクセスの影響で一部の会員情報が流出したとのこと。同社は第三者機関に調査を依頼。情報が明らかになり次第、発表するとしています。

流出した情報は?

メジカルビュー社によると、流出した情報はメールアドレスおよびパスワード。

住所や氏名については流出が確認されておらず、また同社はクレジットカード情報を保有していないため、流出がないものとしています。

被害規模は会員登録を行ったユーザーの一部とのこと。具体的件数は不明ですが、今後の調査により個別に連絡するとしています。

一部機能を閉鎖

今回の事案を受けてメジカルビュー社は、2018年10月11日より会員のログイン(ご住所の呼び出し)機能部分の閉鎖を決めました。閉鎖中の購入手続きは、住所を手動入力することで安全に購入ができると説明しています。

同機能については安全確認次第、公開して連絡するとのことです。

参照会員様メールアドレスおよびパスワード情報流出のお詫びとご報告/メジカルビュー社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?