画像:仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について/Zaif(テックビューロ株式会社)より

テックビューロ株式会社(以下:テックビューロ)は2018年9月20日、同社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」が何者かのサイバー攻撃を受けたことを発表しました。

テックビューロによると、サイバー攻撃によりBTC(ビットコイン)など複数の仮想通貨が流出した可能性があるとのこと。被害額は実に約67億円分となる見通しで、この金額には顧客預かり分の45億円が含まれています。

攻撃は約1週間前から発生、手口は非公開

テックビューロによると、2018年9月14日頃より入金サービスに不具合が生じ、不正送金が行われたとのこと。その後2018年9月17日にサーバーが異常を検知。2018年9月18日にはハッキングによる被害が確認されたと説明しています。

攻撃を受けたのはオンライン接続されている電子ウォレット「ホットウォレット」を管理するサーバー。攻撃者の手口については、事件性の高さや二次被害の防止の観点から"差し控える"としています。

モナコインなどは被害が不明

テックビューロによると、流出被害を受けたのはビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの合計3種です。

しかし記事発表時点で被害規模が明らかになっているのはビットコインの「5966BTC」のみ。残り2つの仮想通貨については不明です。

なおテックビューロは事件発覚後、フィスコグループなどの企業と支援に関する契約を締結。顧客資産に相当する財産(支援額は被害規模により変動の可能性があるとのこと)やセキュリティ向上のための技術・人材支援などを受けると発表しています。

参照仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について/Zaif(テックビューロ株式会社)
参照フィスコ仮想通貨取引所の新交換所システムは「Zaif」ハッキングとは無関係 -テックビューロにはシステム面と金融面でサポートを実施へ- /株式会社フィスコ
参照テックビューロ株式会社に対する仮想通貨交換所システムの技術支援について/株式会社カイカ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?