画像:大阪市より

大阪市は2018年9月3日、大阪市立小学校にて突風が吹いたことにより、児童名簿1枚が紛失したと明らかにしました。

市の発表によると、児童名簿には22名分の個人情報が記載されていたとのこと。教職員は捜索を進めましたが発見には至らず、謝罪を行っています。

事案の経緯は?

大阪市の発表によると、2018年8月31日に教員が屋上プールで水泳指導を行っていたところ、突風が吹いたことにより児童名簿1枚が吹き飛んだとのこと。

同校はその後2018年9月3日、当該学級の児童宅を訪問して説明と謝罪を実施しています。

再発防止策は?

大阪市教育委員会は、情報管理の指導にも関わらず紛失が起きた事について、深く受け止めると述べています。

また同校では個人情報の取扱いを巡り、厳重に取り扱うと説明。再発防止に向ける考えです。

参照報道発表資料 大阪市立小学校における個人情報を含む書類の紛失について/大阪市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?