画像:株式会社システムフロンティアより

ITソリューションを手がける株式会社システムフロンティアは2018年8月13日、外部からのサイバー攻撃により、社内関係者のアカウントが乗っ取られたことを明らかにしました。

同社によると、アカウントの受診ボックスなどが読み取られたことにより、メールアドレスや氏名が不正に流出した可能性があるとのこと。

ただし、既に攻撃を受けたアカウントの制御は取り戻したと説明しています。

事案の経緯は?

システムフロンティアの説明によると、2018年6月15日に何者かが不正アクセスを行ったことが、情報漏洩の直接の原因です。

攻撃は成功し、社内関係者のメールアカウントが乗っ取られる事態が発生しました。攻撃者は奪ったアカウントを悪用して大量のスパムメールを拡散した上に、受診ボックス内のメールを読み取ったため、情報漏洩の可能性があると説明しています。

被害規模や再発防止策は?

発表によると、合計15件の情報が流出した可能性があるとのこと。受信ボックスには氏名およびメールアドレスが記録されていたため、これらの情報が読み取られたと説明しています。

同社は再発防止策として、セキュリティポリシーの強化と、情報セキュリティに関する強化策の実施を発表しました。

参照メールアカウント不正利用に関するお詫びとご報告/株式会社システムフロンティア

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?