画像:Australian Teenager Pleads Guilty to Hacking Apple/Bank info Securityより

オーストラリアの報道メディアは2018年8月17日、Appleのサーバーに不正アクセス被害が生じ、顧客情報及び90GB以上のデータが流出した可能性があることを明らかにしました。

情報によると、攻撃を行ったのはオーストラリアメルボルンに住む16才の少年。動機について「Appleで働きたかった」と供述しているとのことです。

事案の経緯は?

少年の攻撃は発表時点から約1年前に遡り、オーストラリアの自宅のPCから米国アップルのサーバーに向けて、複数回に渡ってサイバー攻撃を行っていたとのこと。

少年は攻撃によりAppleの保有する顧客情報および機密ファイルを入手。「Hack Hack Hack」と名付けられたフォルダに保管していたと見られています。

事案は米国Appleが不正アクセスを検知してFBIに通報したことにより操作が始まり、FBIがオーストラリア連邦警察の協力を得て、逮捕に繋げたとのことです。

Apple側は顧客情報の流出を否定

報道内容とは反対に、Apple側は顧客情報の流出について、否定的な見方を表明しています。

アップルの広報担当者は攻撃による情報漏洩を否定しており、同社がユーザー情報の保護に重きを置いていることを強調しました。

少年の判決は2018年9月20日に言い渡される予定。事件の真相が明らかになるかもしれません。

参照Australian Teenager Pleads Guilty to Hacking Apple/Bank info Security

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?