画像:アンとケイトより

アンケートコミュニティサービスを提供する「アンとケイト」は2018年8月6日、同サイトへの不正ログインを試みるアクセスが発生したことを明らかにしました。

同サイトからの情報漏洩は確認されておらず、他サイトなどから漏洩した情報をベースに不正アクセスを試みている可能性があるとのこと。パスワードの使いまわしを避けるなど、注意を呼び掛けています。

パスワードリスト攻撃の可能性

同サイトが指摘するサイバー攻撃は、通称「パスワードリスト攻撃(リストアタック)」と呼ばれる手法です。

IDとパスワードによるログイン制を取るサイトが増加する一方で、多くのユーザーはパスワードの管理に困り果て、「複数のサイトで共通の記号」をパスワードとして使用する傾向にあります。リストアタックはこの性質を利用して、セキュリティの甘いサイトから情報を盗み出し、それらを他のサイトで入力。なりすましログインを試みる手口です。

単純ですが非常に効果的な手段であり、過去多くのサイトで被害が生じています。

対策は?

パスワードリスト攻撃への対策は、様々な手法が存在します。もちろん、「アンとケイト」が提示する、「パスワードの使いまわしを避ける」手法も効果的な対策の1つです。

ただし、多くのサイトがID・パスワードの管理を求めるため、それら全てを管理するのは非常に大変。トークン制の二段階認証を用いるなど、別の手法も必要な方策の1つといえるでしょう。

参照重要! 不正ログイン防止のためのIDとパスワード定期更新のお願い/アンとケイト

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?