画像:山形大学より

国立大学法人山形大学は2018年8月2日、教員免許状更新講習に関するメール連絡においてミスが発生したことにより、メールアドレスの流出が発生したことを発表しました。

同大学によると、担当者のミスにより送信設定を誤ったことをが原因とのこと。流出件数は185件に及び、大学側は謝罪を表明しています。

事案の経緯は?

山形大学の発表によると、2018年7月31日に「教員免許状更新講習の時間変更の連絡」を行った際に発生。本来は送信先間でアドレスの共有が行われない「BCC」設定で送るべきところを、担当者のミスにより「To」設定で送ってしまったことが原因と説明しています。

なお、同大学は2018年8月1日に被害対象者に対して「お詫びと削除依頼」のメールを送信。更に講習会の当日にも削除依頼を要請したとのことです。

相次ぐ送信ミス

メール設定のミスによるアドレス流出の事案は、全国各地で多数発生しています。関係者の教育や指導はもちろん、ミスを抑制するシステム構築も望まれるところです。

メール設定ミスに有効な対策の代表例

  • 複数名でのチェック体制
  • メール誤送信を防ぐシステムの導入
  • 個人情報の取り扱いに関する教育や研修

参照メールアドレス流出についてお詫びとご報告/山形大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?