画像:千葉市教育委員会(PDF)より

千葉県千葉市教育委員会は2018年8月8日、市立生浜中学校の講師が生徒の個人情報合計9件が含まれたUSBメモリーを紛失したと発表しました。

市教委によると、紛失したのは27才の男性講師。紛失当時は同僚と飲酒をしていたと説明しています。

事案の経緯は?

紛失が発生したのは2018年8月3日~4日の未明です。男性講師はUSBメモリーをビジネスリュックに入れたまま同僚と飲食店に立ち寄り、その後帰宅。

ところが起床後の早朝にビジネスリュックを紛失していることに気付き、教頭に届出を行い明らかになったとのことです。

被害規模は?

USBメモリーには男性講師が担当している学級の生徒の個人情報、合計9名分が含まれていました。

記録されていた情報の内訳は、下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 現住所
  • 電話番号
  • 保護者名

参照市立中学校におけるUSBメモリの紛失について/千葉市教育委員会(PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。