画像:千葉市教育委員会(PDF)より

千葉県千葉市教育委員会は2018年8月8日、市立生浜中学校の講師が生徒の個人情報合計9件が含まれたUSBメモリーを紛失したと発表しました。

市教委によると、紛失したのは27才の男性講師。紛失当時は同僚と飲酒をしていたと説明しています。

事案の経緯は?

紛失が発生したのは2018年8月3日~4日の未明です。男性講師はUSBメモリーをビジネスリュックに入れたまま同僚と飲食店に立ち寄り、その後帰宅。

ところが起床後の早朝にビジネスリュックを紛失していることに気付き、教頭に届出を行い明らかになったとのことです。

被害規模は?

USBメモリーには男性講師が担当している学級の生徒の個人情報、合計9名分が含まれていました。

記録されていた情報の内訳は、下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 現住所
  • 電話番号
  • 保護者名

参照市立中学校におけるUSBメモリの紛失について/千葉市教育委員会(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?