画像:KrebsonSecurityより

複数の米国州政府はこのほど「差出人不明のCDを受け取った」と報道機関を通じて発表を行いました。

情報によると、中身はMicrosoftのWord文章に偽装された悪意のあるマルウェアだったとのこと。いずれの封筒にも中国の消印が付いていたとのことです。

好奇心を煽られないよう注意喚起

今回の事案は米国州政府をターゲットにしたものですが、幸い現在のところ、CDを挿入して被害が生じた事例は確認されていません。

ただし、今回のサイバー攻撃は「郵便物」と言う、好奇心を刺激する作りになっています。法人や個人向けのサイバー攻撃に転用された場合では、騙されてしまう方が出てしまうかもしれません。既にセキュリティ企業を中心として、各方面で注意喚起が行われています。

今後更に拡大する可能性も

なお、今回の攻撃は標的型攻撃にも応用が可能な事例です。

例えば、顧客企業や従業員を名乗って郵送でCDを送信したり、普段取引している事務用品販売会社などを偽って大量のUSBメモリーを発送することもできるでしょう。

いずれにせよ、サイバー攻撃は日々進化を遂げ、巧妙化を続けています。あらゆるパターンを想定し、被害を受けないよう身構える姿勢が大切です。

参照State Govts. Warned of Malware-Laden CD Sent Via Snail Mail from China/KrebsonSecurity

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?