画像:長野県より

長野県は2018年7月18日、長野県立歴史館のホームページが何者かのサイバー攻撃を受けた事を公表しました。

県によると、不正アクセスの影響で同ホームページが改ざん被害を受けたとのこと。ただし、サイトには個人情報は含まれておらず、情報漏洩の懸念はないとのこと。

なお、同ホームページは攻撃の影響を受け、一時的に閉鎖する被害が生じています。

事案の経緯は?

長野県の発表によると、攻撃による改ざんが発覚したのは2018年7月14日。県は翌日の2018年7月15日より閉鎖を決断しています。ただし、具体的に攻撃方法や発生時期等は発表時点で明らかになっておらず、保守管理業者が原因を特定しているとのこと。

また、ホームページの再開予定日も明らかにされていません。

対応や再発防止策は?

長野県は今回の事案を受け、警察に連絡を行い相談を行っています。

ただし、具体的な対応や再発防止策は他に説明されておらず、発表時点では情報不足が否めません。

サイバー攻撃による改ざんは閲覧者に対して悪影響を及ぼす可能性もあるため、適切な対応が求められることになるでしょう。

参照長野県立歴史館ホームページについて、改ざんが確認されたため、一時的に閉鎖しています/長野県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?