画像:教育新聞社より

株式会社教育新聞社は2018年7月4日、自社が提供する電子版サイトが何者かの不正アクセスを受け、一部改ざんされていたことを明らかにしました。

同社発表によると、改ざん被害中にアクセスを試みたユーザーが悪意のあるサイトに転送される被害が発生したとのことです。なお、現在は原因を特定の上で復旧を完了しています。

事案の経緯は?

教育新聞社の発表によると、被害が発生したのは2018年7月3日の午前6時ごろ~午後9時ごろの約15時間です。

攻撃者は電子版サイトの表示機能に不正なコードを書き加え、悪意あるサイトへの誘導を行ったとのこと。これにより上記時間帯にアクセスを試みたユーザーが、悪意あるサイトへと自動的にジャンプする被害に逢いました。(電子版サイトhttps://www.kyobun.co.jp/

なお、転送先のサイトは偽のセキュリティーソフトを推奨するというもの。ユーザーがクリックや情報入力を行うと、ウイルス感染や情報流出被害の可能性が生じる内容です。

被害状況は?

教育新聞社は今回の事案の漏洩被害について、「会員情報等のセキュリティに対する検査を行い、影響がなかったことを確認しております」と説明しています。

また、問題となった偽サイトはiOSユーザーに被害が生じるものでしたが、同社によるとOSが最新の状態にあれば「標準でウイルス感染の可能性は低い状態」とのことです。

参照電子版の表示機能に対する改ざんに関するご報告とお詫び/教育新聞社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?