画像:US-CERTより

米国「US-CERT」は2018年6月14日、北朝鮮政府が関わっていると見られる新型マルウェア「TYPERAME」の脅威が増していることを発表しました。

同組織によると、問題となったマルウェア「TYPERAME」は、トロイの木馬の亜種とのこと。北朝鮮ハッキンググループの「HIDDEN COBRA」などが流布している可能性があり、警戒感を強めています。

Word文章やウィンドウズ実行ファイルに偽装

US-CERTは、このマルウェアに関してサンプル合計11件を公表しています。

公開されたサンプルは、(VBAマクロを含む)Word文章やウィンドウズ実行ファイルなどで構成されており、いずれも不正にマルウェアのダウンロード・インストールを行い、コマンドとコントロールサーバーに接続するものです。

つまり、侵入後は攻撃者の意図に従い、ファイアーウォールのセキュリティ設定を変更するなどの被害が生じます。

HIDDEN COBRAとは

「HIDDEN COBRA」は、2009年頃に登場した北朝鮮のハッカー集団です。ワームやウイルス・トロイの木馬等のマルウェアを利用して、米国や世界の報道機関、航空宇宙産業、金融業やインフラ関連施設にサイバー攻撃を敢行しています。

米国各組織の分析では、HIDDEN COBRAは特にサポートが終了したOSやアプリケーションに内在する脆弱性を利用する傾向を有しているとのこと。これらの端末は外部からの脅威に非常に弱く、警戒が必要です。

参照Malware Analysis Report (AR18-165A)/US-CERT

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。