画像:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2018年4月より、「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブックVer.3.00」のiOS版を公開しています。

情報セキュリティハンドブック自体は、以前より提供されていた書類です。しかし、これまではPDF版とAndroid版しか存在せず、日本国内で人気の高いiOS端末に対応したものは未登場でした。

今回iOS版の提供開始に至り、サイバーセキュリティーに関する情報周知の広がりに期待が持たれています。

情報セキュリティハンドブックの内容は?

情報セキュリティハンドブックは、文字通りネットワークセキュリティに対応した知識を凝縮した書類です。

最新バージョンであるV3.00は2017年12月18日より発行され、

  • 所有するPC端末やスマートフォンに必要な対策
  • 無線LAN等の通信に必要なセキュリティ知識
  • サイバー攻撃の手口やその対策

などをかなり詳細に解説しています。

対象としては「ネットワークビギナーのため」と記載されておりますが、内容的にはやや深く、正しい知識を身に着けることができるものです。

イラスト付きでわかりやすく

情報セキュリティハンドブックの特長は、イラスト部分が多くわかりやすさを重視している点です。

画像媒体は、文章よりも多くの情報を簡単に伝えることができます。画像を多く用いることで読み手に配慮したこのガイドブックは、携帯端末との相性も良く、今後更に役立つ刊行物となるのではないでしょうか。

参照「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」について/内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?