大手SNSの「Twitter」はバグの影響を受けた結果、ユーザーのログインパスワードをハッシュ化せずに保存していたことを明らかにしていました。

Twitter側の説明によると、問題となったバグは社内で発見されたものであり、現在は修正対応済とのこと。

また、社外流出および不正利用の事実は確認されていないとのことですが、ユーザーにはパスワードの変更を求めています。

情報漏洩の可能性は極めて少ない

Twitterによると、今回の事案は社内の管理者により発見されたものとのこと。これは外部からのサイバー攻撃ではないことを意味しています。

また、冒頭にて触れた通り、バグは社内で見つかったもの。パスワードが記載されていたログファイルは社外からアクセスできない環境に保存されており、情報漏洩の可能性は極めて少ないものと考えられます。

暗号化前の情報を記録

今回の事案は、「ハッシュ化されるはずのパスワードが、バグによりハッシュ化されなかった」ことに起因しています。

Twitterのようなウェブサービスでは、通常ユーザーパスワードをハッシュ化して読み取れなくするものですが、今回の事案ではそのプロセスが欠け落ちてしまった様子。

ただし、社内による発見で外部流出が確認されていません。一安心といったところですが、Twitterのユーザーはパスワード変更を行った方が良いでしょう。

参照アカウントを安全に守る方法/Twitter公式ブログ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事