大手SNSの「Twitter」はバグの影響を受けた結果、ユーザーのログインパスワードをハッシュ化せずに保存していたことを明らかにしていました。

Twitter側の説明によると、問題となったバグは社内で発見されたものであり、現在は修正対応済とのこと。

また、社外流出および不正利用の事実は確認されていないとのことですが、ユーザーにはパスワードの変更を求めています。

情報漏洩の可能性は極めて少ない

Twitterによると、今回の事案は社内の管理者により発見されたものとのこと。これは外部からのサイバー攻撃ではないことを意味しています。

また、冒頭にて触れた通り、バグは社内で見つかったもの。パスワードが記載されていたログファイルは社外からアクセスできない環境に保存されており、情報漏洩の可能性は極めて少ないものと考えられます。

暗号化前の情報を記録

今回の事案は、「ハッシュ化されるはずのパスワードが、バグによりハッシュ化されなかった」ことに起因しています。

Twitterのようなウェブサービスでは、通常ユーザーパスワードをハッシュ化して読み取れなくするものですが、今回の事案ではそのプロセスが欠け落ちてしまった様子。

ただし、社内による発見で外部流出が確認されていません。一安心といったところですが、Twitterのユーザーはパスワード変更を行った方が良いでしょう。

参照アカウントを安全に守る方法/Twitter公式ブログ

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。