画像:公共的活動応援サイト長野県みらいベース

長野県は2018年4月17日、県が運営する公共的活動応援サイト「長野県みらいベース」に何者かの攻撃が確認されたことを発表しました。

長野県によると、同サイトの寄付受付機能に、不正なアクセスの痕跡が確認されたとのこと。幸い被害は生じていませんが、同サイトは一部機能を停止しています。

事件の概要は?

事件が起きたのは2018年4月14日~4月15日の2日間。「長野県みらいベース」の寄付受付にて、何者かが合計2万回以上のカード番号が入力した痕跡が確認されました。

攻撃を確認した長野県は、翌日の2018年4月16日には寄付受付機能の停止を決定。その後の調査により、

  • 不正入力で決済されたカード情報が存在しないこと
  • サイバー攻撃による個人情報の漏洩が起きていないこと

などをウェブサイト上に公表しています。

メンテナンス後には再開予定

長野県は本件について警察への連絡を行った上で、メンテナンス後に寄付サービスの再開を行う予定です。

幸いサイバー攻撃による被害は起きませんでしたが、公共機関や企業がサイバー攻撃のターゲットになる頻度も増えており、今後も警戒が必要と見られます。

参照寄附募集サイト「長野県みらいベース」へ不正アタックがありました/長野県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事