広島県警は2018年4月10日、増加するサイバー犯罪に対応すべく、サイバー犯罪の相談を専門に受け付ける電話窓口「サイバー110番」を設置しました。

情報によると、窓口は広島県警のサイバー犯罪対策課の職員が対応。「サイバー110番」はインターネット上の様々な不安や心配に対する通報窓口として機能するとのことです。

増加するサイバー犯罪

広島県警によると、2017年度の広島県内のサイバー犯罪の相談件数は合計5119件と膨大な件数。更に単に増加傾向にあるだけでなく、架空請求やネット詐欺などに対する相談が全体の6割を超えるなど、深刻な様相を示しています。

また、最近はSNSを通じた中傷行為が目立ち始め、トラブル相談も増えてきたと説明しています。

画期的な試みだが…

広島県警の実施する「サイバー110番」は、サイバー犯罪の専用窓口として画期的な案であることは間違いありません。

ただしこの「サイバー110番」は、受付時間が平日8:30~17:00までとお役所気質。多くのネットユーザーは夜間にネット回線を利用する傾向にある点を考慮すると、いささか対応時間に難があるように思えますよね。

実効性については、今後の流れを見守る形となりそうです。

〈参照〉
広島県警
広島県警 サイバー110番設置 「ネット利用の詐欺相談が増加」/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?