11月19日、情報セキュリティー会社から、こんな情報が飛び込みました。なんと北朝鮮内で使われている大量のPCが、マルウェアに感染してサイバー攻撃に悪用されていると言うのです。

北朝鮮は世界各国に対して、組織的なサイバー犯罪を繰り返していると指摘され続けてきており、サイバー犯罪に強い印象を持っていた方も多いかと思います。ところが、ここにきて意外な脆弱性を示した形です。

公共機関がフリーメールを使用

同調査報告によると、北朝鮮は世界に対してサイバー攻撃を繰り返す一方、大使館などの公共機関でフリーメールを使用していることが判明。

フリーメールは便利なツールではありますが、公共機関が使うにはセキュリティが十分とは言えないものも少なくありません。

トレンドマイクロが2016年8月~12月にかけて実施した調査によると、現に北朝鮮から送信されたスパムメールの中には、遠隔操作被害によるものである(つまり、真犯人が別にいる)ことが確認されています。

また、北朝鮮内のPCにはマルウェアに感染したまま1年以上放置されているものもあり、セキュリティ意識の低さが伺い知れます。

北朝鮮から情報収集を行える可能性も

近年、北朝鮮の関与が疑われるサイバー犯罪は増加の一途を辿っています。とくにソニー傘下の米国映画会社への妨害工作や、バングラデシュ中央銀行に対する不正アクセス事件などは記憶に新しい部分です。

ところが、北朝鮮は上記のような鋭い攻撃力を持つ一方、自国内のITセキュリティは十分とは言えません。

一部の専門家は北朝鮮に対してネットを通じたアクセスを試みることで、(不正アクセスや安全保障上)重要な情報を得ることができるのではないかと、可能性を指摘しています。

<参照>北、サイバーの守り脆弱 ウイルス大量感染/産経新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?