韓国国防統合センター、サイバー攻撃により米韓機密情報が漏洩

この記事は約 1 分で読めます。



10月10日、韓国紙の朝鮮日報は、韓国軍部が何者かのサイバー攻撃を受けた結果、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の「斬首作戦」の詳細が流出してしまったことを公表しました。

東アジア情勢が高度の緊張に包まれている中での漏洩事件であり、作戦内容の漏洩は周辺国に大きな影響を与える可能性があると指摘されています。



米韓機密情報の詳細が漏えい

同紙によると、流出した情報は「作戦計画5015」と呼ばれるもので、金正恩朝鮮労働党委員長らを対象にした作戦とのことです。 本作戦は以下の4段階により構成されていましたが、今回の事件を受けて、(訓練内容当も含めた)すべての情報が流出したと述べています。

漏洩した情報の概要

  1. 金正恩氏らの追跡
  2. 隠れ家の封鎖
  3. 強襲作戦
  4. 確保・除去

国防統合データセンターを狙い撃ち、標的型攻撃の可能性も

今回の流出事故は、韓国の国防を司る国防統合データセンターで起きたとのこと。 同センターは昨年9月にも中国IPを利用した北朝鮮関係者からのハッキングが指摘されており、今回のサイバー攻撃も一連の標的型攻撃との見方も出ています。

〈参照〉
正恩氏らに「斬首作戦」流出…サイバー攻撃か/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ