10月6日、岐阜県警サイバー犯罪対策室と岐阜南署は、中学校のパソコンからIDやパスワードを不正に取得した容疑で、不正指令電磁的記録供用と不正アクセス禁止法に違反したとして、30才無職の男性を逮捕したことを発表しました。

犯人の無職男性はキーロガーと呼ばれるUSB媒体を用いて、不正に情報を略取した疑いが持たれています。

目的は学生個人情報と供述

同署からの情報によると、犯人の無職男性はキーロガーを使って、校内のパソコンに不正アクセスを行い、所属する在校生の写真画像を約1,000点ほど入手したとのことです。

キーロガーの設置は深夜の校舎に侵入することで実施した、と容疑者は供述。気付かれないうちにUSB端末を使ってインストールしたものと見られています。

なお、逮捕された無職男性は容疑を概ね認めており、「子どもの写真を収集したいという欲望を満たすためにやった」と供述しているとのことです。

県内初となるキーロガー摘発事件

岐阜県警によると、不正指令電磁的記録供用容疑の逮捕者は今回が初。市教育委員会は今回の事件に対してサイバー攻撃の脅威を実感し、「サーバ内の情報管理を徹底する」と表明しています。

<参照>学校PCのID取得 不正アクセス疑いで男追送検/岐阜新聞Web

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事