画像:TOKYO MX HPより

10月4日、大手メディア関係企業「TOKYO MX」は、何者かの不正アクセスにより個人情報の流出の可能性があることを公表しました。

流出した個人情報はサービスの利用等に使われた氏名やニックネーム、メールアドレスなどで、現段階の推計被害規模は約37万件と見られています。
ただし、現段階ではクレジットカード情報などの漏洩は確認されていないとのことです。

事件の経緯は?

TOKYO MX側の発表によると、不正アクセスが確認されたのは前日3日。同局のホームページサーバにおいて、アクセス異常が検出されたことを契機に調査を進めたところ、外部からのサイバー攻撃が行われたことを確認。

その後調査を進める上で、情報漏洩の可能性が確認されたとのことです。なお、調査の過程でサーバプログラムの脆弱性も発覚しており、これが直接的な原因と見られています。

再発防止策に努める方針を発表

なお、TOKYO MXでは現在漏洩が確認されたサービスの利用を停止し、セキュリティ分野の専門家と協議の上で、再発防止策に努める旨発表しています。

具体的な方針は事件発生から間もないこともあり発表されていませんが、同局はユーザーに対して謝罪を行うと同時に、被害可能性のあるユーザーに対して、個別にメールで連絡を行うとのことです。

<参照>
TOKYO MX、個人情報37万件流出の可能性 公式サイトで不正アクセス被害/オリコン
弊社ホームページに対する不正アクセスによる個人情報流出の可能性について(PDF)/東京メトロポリタンテレビジョン株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事