株式会社ソリトンシステムズは、同社が発行するホワイトペーパーにて、2016年度に使われた「最悪のパスワードランキング」を公開しました。

同社は様々なサイバー攻撃により流出した、メールアドレスやパスワードのリストのうち「.jp(つまり推定日本)」のドメインに絞って解析。ランキング化したと述べています。

詳細は後述しますが、ランクインしたパスワードの多くは見た事があるものばかり。日本社会のセキュリティ意識の低さが如実に示された形となりました。

2017年公表の最悪パスワードは「123456」!

さて、それでは本題に入ります。同社発表によると2017年度公表のパスワードランキング(データは2016年度のものを分析)は以下の通り。総数約500万件からの分析結果となります。

最悪パスワードランキング!日本版

順位 日本人のパスワード
1位 123456
2位 123456789
3位 asdfghjk
4位 12345678
5位 password
6位 1qaz2wsx
7位 111111
8位 sakura
9位 1234
10位 123123

1位は不動の「123456」でした。

このパスワードがランクインしないことは、あまり見られないので、設定している方は今すぐ変更することをオススメします。

また、8 位の「sakura」はほぼ日本固有と思われます。

セキュリティ意識の在り方が問われる

個人レベルでのセキュリティ意識の在り方は、その人の「パスワード」を見れば一目瞭然と言われています。

とくに日本はセキュリティに対する意識が高まり難いと言われており、「ショルダーハッキング」や「辞書アタック」などの古典的な被害が未だに相次いでいる現状。

繰り返しになりますが、今回のランキングに該当するパスワードを使っている方は、セキュリティの意識を見直しましょう。

<参照>
最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前/ScanNetSecurity
ホワイトペーパー ダウンロード/株式会社ソリトンシステムズ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?