サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

2017年公表、日本史上最悪のパスワードが決定。第一位は?!



株式会社ソリトンシステムズは、同社が発行するホワイトペーパーにて、2016年度に使われた「最悪のパスワードランキング」を公開しました。

同社は様々なサイバー攻撃により流出した、メールアドレスやパスワードのリストのうち「.jp(つまり推定日本)」のドメインに絞って解析。ランキング化したと述べています。

詳細は後述しますが、ランクインしたパスワードの多くは見た事があるものばかり。日本社会のセキュリティ意識の低さが如実に示された形となりました。

2017年公表の最悪パスワードは「123456」!

さて、それでは本題に入ります。同社発表によると2017年度公表のパスワードランキング(データは2016年度のものを分析)は以下の通り。総数約500万件からの分析結果となります。

最悪パスワードランキング!日本版

順位 日本人のパスワード
1位 123456
2位 123456789
3位 asdfghjk
4位 12345678
5位 password
6位 1qaz2wsx
7位 111111
8位 sakura
9位 1234
10位 123123

1位は不動の「123456」でした。

このパスワードがランクインしないことは、あまり見られないので、設定している方は今すぐ変更することをオススメします。

また、8 位の「sakura」はほぼ日本固有と思われます。

セキュリティ意識の在り方が問われる

個人レベルでのセキュリティ意識の在り方は、その人の「パスワード」を見れば一目瞭然と言われています。

とくに日本はセキュリティに対する意識が高まり難いと言われており、「ショルダーハッキング」や「辞書アタック」などの古典的な被害が未だに相次いでいる現状。

繰り返しになりますが、今回のランキングに該当するパスワードを使っている方は、セキュリティの意識を見直しましょう。

<参照>
最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前/ScanNetSecurity
ホワイトペーパー ダウンロード/株式会社ソリトンシステムズ


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。