北朝鮮の脅威が迫る中、核兵器を利用したパルス攻撃の危険性が指摘されています。

これは核兵器を攻撃対象の上空で爆発させることにより、強力な電磁波を周辺に拡散。パソコンやスマートフォンはもちろん、わたし達の生活に欠かせない様々な電子機器を破壊してしまうEMP(電磁パルス)攻撃です。

北朝鮮の機関紙である労働新聞は、今月3日に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が核実験を行ったことを契機に、「電磁パルス攻撃を戦略目的で使用することで、広範囲に被害を与えることが可能」と言及しています。

実施されれば、前代未聞の大規模サイバー攻撃

日本や米国、韓国といった関係国家は、言うまでも無く日常生活の隅から隅に電子機器が浸透している国家です。現実的に実施される可能性はかなり低いものの、北朝鮮による電磁パルス攻撃が実施されれば、全国的に大きな被害がでることが予測されています。

軍用兵器に搭載されている電子機器は電磁波から守られる構造をしているものの、民間レベルの機器は見並壊滅。まさに前代未聞の(広義の意味において)サイバー攻撃となるでしょう。

軍関係者からは危険性を指摘する声も

米韓の軍組織や日本の自衛隊は、電子機器を使って戦車や艦船等を連結するシステムを採用しています。万が一にでもEMP攻撃による被害が出た場合は、それが致命的な要因となることも十分に考えられるというのです。

従来のサイバー攻撃に加えた、新たな脅威と警戒する声があがるのも、当然の話と言えるのではないでしょうか。

今回のテーマは民間レベルで対策できる話ではありませんが、十分な脅威として認識する必要があるのかもしれません。

<参照>北朝鮮、電磁パルス兵器に言及 戦力の劣勢、補う思惑か/朝日新聞デジタル

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事