自由党HP、不正アクセスによる改ざん被害

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



画像:自由党より

2017年8月1日、小沢一郎氏と山本太郎氏が共同代表を務める「自由党」のホームページが何者かの不正アクセス攻撃により、一部改ざんを受けたことが明らかになりました。

従来のサイバー攻撃はクレジットカード情報を目的としてECコンテンツサイトなどが中心であった中、今回は政治組織が対象となったこともあり、話題を呼んでいます。

海外の広告サイトや通販サイトに転送するよう改ざん

情報によると、今回の不正アクセスを受けて同党のホームページの一部のコードが書き換えられた結果、本来意図していたページとは異なる海外の広告サイトや通販サイトに転送されるようになっていたとのこと。数日前から攻撃を受けていたが、すぐには気が付かず、8月1日に外部からの指摘を受けて発覚したと見られています。

現在は修復に向けて活動中

なお、同党によると「現在、修正を続けている」とのことで、党内の関連スタッフが対応に入っていると考えられます。8月2日午前5時の現在、詳しい経緯については不明であり、再発防止策については述べられていません。

ただし、自由党ホームページ内には寄付に関するページがあり、入力フォーマットには様々な個人情報を記載する欄があります。不正アクセスの性格やサーバー上のデータベースの取扱いによっては、これらの情報漏洩が懸念されるため、今後の動きによっては注視が必要だと言えるでしょう。

なお、(自由党)担当者は「今後、警察とも相談しながら対応を検討したい」と述べています。

<参照>
自由党のホームページ改ざん 不正アクセス、数日前から/Yahoo!ニュース

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース