画像:日産化学工業株式会社HPより

日産化学工業株式会社が運営するウェブサイトの一部が、第三者による不正アクセスを受け、同サイトの問い合わせフォームに入力された個人情報、約4500件が外部へ流出した可能性があることがわかりました。

同社によると、流出した可能性があるものは以下のものです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 会社名、所属など

7月3日に不正アクセスの可能性が発覚し、同社では当該ウェブサイトの公開を停止しました。外部より不正にアクセスできる状態となっており、同社は実際に情報流出が生じたかや原因を調査中とのことです。また閲覧によるマルウェア感染のおそれなどはありません。。

同社では、7月 4 日に内閣府の個人情報保護委員会へ報告済みです。また今回の問題で新たな事実が判明した場合は、随時報告をするとしています。

<参照>
弊社ウェブサイトにおける不正アクセスおよび情報流出の可能性について(PDF)/日産化学工業株式会社

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。