画像:日産化学工業株式会社HPより

日産化学工業株式会社が運営するウェブサイトの一部が、第三者による不正アクセスを受け、同サイトの問い合わせフォームに入力された個人情報、約4500件が外部へ流出した可能性があることがわかりました。

同社によると、流出した可能性があるものは以下のものです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 会社名、所属など

7月3日に不正アクセスの可能性が発覚し、同社では当該ウェブサイトの公開を停止しました。外部より不正にアクセスできる状態となっており、同社は実際に情報流出が生じたかや原因を調査中とのことです。また閲覧によるマルウェア感染のおそれなどはありません。。

同社では、7月 4 日に内閣府の個人情報保護委員会へ報告済みです。また今回の問題で新たな事実が判明した場合は、随時報告をするとしています。

<参照>
弊社ウェブサイトにおける不正アクセスおよび情報流出の可能性について(PDF)/日産化学工業株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?