画像:大阪大学医学部付属病院HPより

2017年6月26日、大阪大は、医学部付属病院において子宮疾患で産婦人科を受信した患者220名の個人情報が漏洩した可能性があるとの発表をしました。同院非常勤医師の個人のメールサーバが中国から不正アクセスを受けていたことがわかっています。

大学では、フリーメールでの個人情報の送受信を禁止していたが、該当の患者データはメールで送信されており、パスワードの設定はされていなかったとのこと。現時点で二次被害等は確認されていません。

情報漏洩の可能性があるのは、同院で1994年(平成6年)~2016年(平成28年)の間に、子宮頸がんの治療を受けた220名。このうち149名に関しては氏名が記載されていたとのことです。

阪大は、個人情報の取り扱いについて周知を行うとともに、パスワード設定の徹底を指導するとしています。

<参照>
患者220人の個人情報漏洩か 阪大医師の個人メールサーバに中国から不正アクセス/産経WEST

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?