画像:日テレNEWS24より

警視庁などが、5月19日に、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの競技会場がサイバー攻撃にあったという想定で訓練を行いました。
訓練内容は、競技会場や鉄道会社などインフラ事業者がサイバー攻撃を受けたとの想定で、競技会場の大型ビジョンが乗っ取られハッカーが作ったとみられる映像が映し出されると、担当者が警視庁に通報するなど、緊急時の連絡系統の確認が行われました。

これまでのオリンピックでは、2012年に開催されたロンドン大会で、開会式に電源システムが狙われ、去年のリオ大会では公式ホームページなどを閲覧不可にするサイバー攻撃が確認されています。

このような事態を受け、3年後に控えている東京オリンピック・パラリンピックに向けて警視庁は様々なケースを想定して訓練を重ねたいとしています。

<参考>東京五輪へ 会場へのサイバー攻撃想定訓練/日テレNEWS24

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?