画像:日テレNEWS24より

警視庁などが、5月19日に、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの競技会場がサイバー攻撃にあったという想定で訓練を行いました。
訓練内容は、競技会場や鉄道会社などインフラ事業者がサイバー攻撃を受けたとの想定で、競技会場の大型ビジョンが乗っ取られハッカーが作ったとみられる映像が映し出されると、担当者が警視庁に通報するなど、緊急時の連絡系統の確認が行われました。

これまでのオリンピックでは、2012年に開催されたロンドン大会で、開会式に電源システムが狙われ、去年のリオ大会では公式ホームページなどを閲覧不可にするサイバー攻撃が確認されています。

このような事態を受け、3年後に控えている東京オリンピック・パラリンピックに向けて警視庁は様々なケースを想定して訓練を重ねたいとしています。

<参考>東京五輪へ 会場へのサイバー攻撃想定訓練/日テレNEWS24

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事