パスワード推測し不正アクセス、女性アカウントのぞき見|日本IBM社員を逮捕

※2019年12月2日、記事内容を編集しています。

女性3人のインターネット上のアカウントに不正にアクセスしたとして、「日本IBM」の社員が不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕されました。容疑者は、2016年9月から2017年3月にかけて、横浜市に住む20代の女性などのアカウントに不正にアクセスした疑いです。

他人の秘密をのぞき見したかった

警察の調べによりますと、容疑者は女性らがSNSに公開していた氏名や誕生日などからパスワードを推測していたということで、押収されたパソコンからは、およそ2,300人分の個人情報や画像データ、およそ8万5,600枚が見つかっており、2011年ごろから不正アクセスを繰り返していたとみられています。

取り調べに対し容疑者は「他人の秘密をのぞき見したかった」と容疑を認めているということです。

参照PCから2300人分の女性のID・パスワード&8万超のプライベート画像 不正アクセス容疑で日本IBM社員を逮捕/産経ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?