画像:不正アクセスの疑い 日本IBMの社員を逮捕/NHK WEB NEWSより

女性3人のインターネット上のアカウントに不正にアクセスしたとして、「日本IBM」の50歳の社員が、警察に逮捕されました。

逮捕されたのは東京・中野区に住む「日本IBM」のシステムエンジニア、山口純哉容疑者(50)。山口容疑者は、去年9月から今年3月にかけて、横浜市に住む20代の女性などのアカウントに不正にアクセスした疑いです。

警察の調べによりますと、山口容疑者は女性らがSNSに公開していた氏名や誕生日などからパスワードを推測していたということで、押収されたパソコンからは、およそ2,300人分の個人情報や画像データ、およそ8万5,600枚が見つかっており、2011年ごろから不正アクセスを繰り返していたとみられています。取り調べに対し山口容疑者は「他人の秘密をのぞき見したかった」と容疑を認めているということです。

<参考>
不正アクセスの疑い 日本IBMの社員を逮捕/NHK WEB NEWS
日本IBM社員を逮捕、不正アクセスの疑い/TBS NEWS

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。