パスワード推測し不正アクセス、女性アカウントのぞき見|日本IBM社員を逮捕|サイバーセキュリティ.com

パスワード推測し不正アクセス、女性アカウントのぞき見|日本IBM社員を逮捕



※2019年12月2日、記事内容を編集しています。

女性3人のインターネット上のアカウントに不正にアクセスしたとして、「日本IBM」の社員が不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕されました。容疑者は、2016年9月から2017年3月にかけて、横浜市に住む20代の女性などのアカウントに不正にアクセスした疑いです。

他人の秘密をのぞき見したかった

警察の調べによりますと、容疑者は女性らがSNSに公開していた氏名や誕生日などからパスワードを推測していたということで、押収されたパソコンからは、およそ2,300人分の個人情報や画像データ、およそ8万5,600枚が見つかっており、2011年ごろから不正アクセスを繰り返していたとみられています。

取り調べに対し容疑者は「他人の秘密をのぞき見したかった」と容疑を認めているということです。

参照PCから2300人分の女性のID・パスワード&8万超のプライベート画像 不正アクセス容疑で日本IBM社員を逮捕/産経ニュース




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。