画像:NEXONホームページより

無料ゲーム・オンラインゲームのNEXONが運営・開発するMMORPGの「Tree of Savior」をプレイしているユーザーへのメルマガ配信において、システムの不具合によりメールの誤送信が発生し、大量のメールアドレスが流出したことがわかった。

同社によると、流出したメールアドレスは8万5320件。
6月5日18時から23時にかけて送信したメールマガジンにおいて一部メールアドレスのみにしか配信されないシステムの不具合が発生。翌6日に前日送信されなかったメールアドレスに再度送信を行ったが、その後8日に送信先のメールアドレス8万5320件が受信者間で閲覧できる状態になっていたという。

今回流出したユーザーの情報はメールアドレスのみで、それ以外の情報は含まれていないとのことだが、不正利用や第三者からの攻撃を守るため、ユーザーに対して「ご利用のメールアドレスに関連するパスワードの変更」「弊社の会員アカウントに登録されているメールアドレスの変更」を強く勧めている。

また同社では、再発防止のため、メール送信システムの改修や、メールマガジンの配信手順を見直すとしており、今回対象となったユーザーに対してはメールで連絡するとともに、NEXONクーポン500円分を配布した。

<参考>
[6/9追記]【重要】他の方のメールアドレス情報が含まれたメールマガジン送信に関するお詫び/NEXON
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン/Security NEXT

 

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。